ロシアの観光ビザの申請方法

ロシアの観光ビザは個人で申請して取得することができます。必要な書類は、申請書とパスポートとバウチャー(旅行確認書)と呼ばれる書類です。これらを準備してロシア大使館で手続きを行い、2週間ほどしますと取得することができます。追加料金を支払うと手続きを早めて頂けます。ここでは、ロシアの観光ビザの申請方法について説明します。

事前確認事項

代行サービスがあります

ロシアの観光ビザの取得は、代行サービスがございます。時間がない場合、ロシア大使館が遠方の場合などは、代行業者をご利用頂いたほうが確実でお得です。

2〜3週間くらいかかります

バウチャーの発行に1日以上、観光ビザの発行に2週間、合計2〜3週間くらいかかるとお考えください。このうち、観光ビザの発行時はパスポートを大使館に預けることになります。この期間は、他の国のビザの発行や海外渡航は自然とできなくなりますのでご注意ください。受取までの期間については窓口で申告することができます。日数が短ければその分料金が高くなります。詳しくはこちらのページでご確認ください。

1.バウチャー(旅行確認書)の取得

最初にバウチャーと呼ばれる書類を準備します。旅行会社企画のツアーに申し込む場合やロシア在住のご友人宅に訪問する場合は直接お願いできると思います。一方、個人旅行でロシアに訪問する場合はご自身でバウチャーを取得する必要があります。バウチャーの発行サービスを行っているwaytorussiaというサイトがあります。こちらのページの指示に従い「Get it online now」をしますと観光用でしたら1日程度でバウチャーをPDFで送って頂けます。料金は30ドルです。バウチャーを申し込む際には日程と訪問都市を決めておいてください。また、滞在ホテルも選択する必要がありますので、Hotels.comなどのサイトを見比べながら予算が適正なホテルをお選びください。尚、実際問題として滞在先のホテルの変更は起こり得ることとして想定されていますので、日程と都市に変更がなければ概ね大丈夫です。

2.申請書の記入

ロシア大使館のこちらのページから申請書をダウンロードします。パスポートとバウチャー、顔写真をご準備のうえ、書式に従いご記入ください。以下に例を示します。
0003_02
バウチャーとパスポートと辻褄が合うように記述すればいいはずです。海外旅行保険に関しましてはお手元のクレジットカードに付帯されている保険がある場合もございますので一度ご確認頂ければと思います。

3.ロシア大使館で申請

パスポート、申請書、バウチャー、手数料を揃えて、お近くのロシア大使館で申請をします。
0003_03
東京のロシア大使館での手続きは銀行のような受付システムです。発券機から番号札をとり、待合室で待ち、番号が呼び出されたらカウンターに進みます。自分の番になりましたら、揃えた書類を提出し、あとは流れに身を任せます。黄色い引換券を受け取りましたら申請手続きは終了です。
0003_04

4.ロシア大使館で受取

先の黄色い引換券に記載されています期日になりましたら、ロシア大使館に預けているパスポートを受け取りに向かいます。受取時は番号札は不要で、直接窓口に向かえば受け取ることができます。パスポートの観光ビザに間違いがないか今一度ご確認ください。

まとめ

ロシアの観光ビザは個人でも取得が可能です。ぶらり旅も可能です。ご参考になれば幸いです。