海外プリペイドカード・キャッシュパスポートの魅力

海外旅行で役に立ったアイテムNo.1は間違いなく「キャッシュパスポート」です。旅先ではどうしてもカードで買い物をしたり、現地のATMで現金を引き出したり、レストランでカードを預けて支払うなどといったことがあります。そんなとき、自分の銀行口座に直結しているクレジットカードを使うのは少々不安なものです。スキミング、盗難、ATMのトラブルなどの不安から解放してくれるカード、それが「キャッシュパスポート」です。ここではキャッシュカードの魅力についてお話します。

即日発行が可能

キャッシュパスポートはトラべレックスのカウンターで即日発行することができます。出発当日でも可能です。ただ、お得な特典がつかないことや当日の混雑もありますので、出発まで1週間以上あるようでしたら、オンラインで手続きすることをおすすめします。

煩わしい審査がない

クレジットカードのような煩わしい審査がありません。学生であったり、仕事に就いていないなど、クレジットカードを発行できないご事情があったとしても、キャッシュパスポートは発行することができます。

銀行口座に直結しない

キャッシュパスポートは以下のような仕組みをしています。
0007_02
海外に到着してからネットバンキングで必要な金額を振り込んでも大丈夫ですし、国内にいるご家族が指定の口座に振り込むことも可能です。また、万一、スキミングや盗難、ATMのトラブルがあったとしても被害にあうのはキャッシュパスポートの範囲だけですので、必要なときに必要な分だけ入金していけば、被害の拡大を未然に防ぐことができます。

帰国後にキャッシュバックできる

帰国後、余った残高は返金して頂けます。そのまま使わずにとっておくこともできますが、12ヶ月間利用しないと、150円/月の維持手数料がかかります。なので、しばらく利用しないようでしたら、12ヶ月以内に返金の手続きをすれば大丈夫です。(申込書を郵送するだけです。手数料は500円+税です。)尚、再度利用したい場合は、入金をすればそのまま利用できます。

スペアカードがある

キャッシュパスポートは、予備用と合わせて2枚発行されます。1枚を財布の中に、1枚をカバンの中に入れるなど、2枚のカードを持つメリットは大きいです。磁気不良など予期しないトラブルがあったとしてもスペアカードがあれば心強いです。残高は共有されます。

hotels.comで利用できる

キャッシュパスポートは現地での利用の他、海外のショッピングサイトでも利用することができます。そのため、hotels.comや海外の格安航空券の支払いなどにも利用することができます。ホテルに滞在中、次に泊まるホテルや飛行機を探して移動するといったことも、簡単にできてしまいます。

デメリットは少しだけ為替手数料が高いこと

海外で100円相当の買い物をするとします。通常のクレジットカードでは102円、キャッシュパスポートでは104円支払うという違いがあります。なので長距離を移動する航空券のような数万円単位の買い物はクレジットカードを利用し、差額が10円単位で程度で済むような食事や軽い宿泊などはキャッシュパスポートを利用するスタイルがいいと思います。5万円使って差額は約1000円です。この1000円には不用意に大切なクレジットカードを渡すことなく、リスクを回避して旅をすることができる価値が詰まっています。

まとめ

海外には未知なるものが様々あり、それを体感することが一つの醍醐味だと思います。そして、いざという時、堂々としていられることは何にも勝る安全策です。そんな堂々とした自分を演出してくれる1枚のエネルギー、これこそ「キャッシュパスポート」の魅力です。発行手数料は無料です。せっかくのお出かけ、有意義なものとなれば幸いです。